充実した夏休み

暑い(熱い)夏が終わりました。
生徒たちは、夏休みの間もいろいろな活動に取り組み、充実した毎日を過ごしていました。

・1年生は、地域の高齢者施設におうかがいし、福祉交流を行いました。
普段、家族以外のお年寄りと話をする機会が少ないため、戸惑っていた生徒もいましたが、
お年寄りの皆さんも生徒達も、楽しんで交流することができました。

・2年生は、職場体験学習を行いました。地域の職場におうかがいし、実際にいろいろな
仕事を体験してきました。
仕事の厳しさ、やりがいなど身をもって体験することにより、非常に充実した実習をす
ることができました。
生徒を受け入れてくださったそれぞれの職場の皆様には、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

・3年生は、夏休みの後半に補習と夏期集中講座を受けました。
夏期集中講座では、二日間にわたって信州大学の先生を講師にお迎えし「超低温の世界」、
「錯覚の不思議な世界」というテーマで、学習しました。
高校受験もこれからが本番の3年生。補習や講義に熱心に取り組んでいました。

・9月末には、文化祭(清明祭)が開催されます。そのため、生徒会役員の生徒を中心に、
毎日準備を頑張って行っていました。

・部活動では、剣道部と卓球部が個人戦で中体連の全国大会に出場しました。
今年は、九州(剣道は佐賀県、卓球は大分県)で行われました。
両競技とも、見事に1回戦を勝利し2回戦まで進むことができました。
応援ありがとうございました。